ページを選択

レーシング・シミュレーション・ゲームのベスト5 2024

Sim Racer

Pilote e-sport & Passionné de Sim Racing, j’ai décidé de partager ma passion sur ce site web.

ここ何年もの間、シムレーシングはモータースポーツのビッグネームに欠かせない存在となり、独自の分野として地歩を固めつつある。 現在では、多くのドライバーやチームがトレーニング目的でシムレーシングのセットアップを使用している。 このような慣習は他のスポーツでもよく見られることで、シムレースが例外である理由が私にはわからない。

レースシミュレーションは、しばしば最先端の周辺機器を構成することを意味する。 以下の選手 ファナテック Simucubeは 、シムレーシング周辺機器によって提供されるリアリズムと没入感を重要視している。

しかし、機材や周辺機器はシムレースの方程式の一部に過ぎず、あなたが乗っているシムも同じくらい重要なのだ。 レーシングドライバーはレースの前に『ニード・フォー・スピード』でトレーニングするのではなく、レーシングカーの挙動を完璧に再現した、その名にふさわしいシミュレーターでトレーニングするのだ。

もちろん、すべてのライダーに同じニーズがあるわけではない。 ただ楽しんで時間をつぶしたい人もいれば、表彰台やラップタイムを制覇したい人もいる。 また、本格的なレースに出場する前にレベルアップを図り、トレーニングを積んでおきたいドライバーもいる。

以下では、市販されているさまざまなカーレースシミュレーションを紹介しよう。 シミュのタイプ別にいくつかのタイトルを紹介し、どのような人に最適かをお話ししよう。

レーシング・シミュレーションの種類

本題に入る前に、シムレースを特徴づけるいくつかの要素、つまりシミュレーションの種類について見ておくことが重要だ。 現在、モーターレーシング・シミュレーションには大きく分けて3つのカテゴリーがある。 アーケードスタイルのレースゲーム、アーケードとシミュレーションの中間的なタイトル(セミアーケード)、純粋なシミュレーションなどがある。

これら3つの主なカテゴリーは、すべてのシムレーサーやランナーが同じではなく、特定のニーズを持っているという単純な理由から存在している。 先ほども言ったように、シムレースで息抜きをしながら楽しみたいライダーもいれば、できるだけリアルにタイムを叩き出したいライダーもいる。

その結果、ドライバーのニーズを満たすことを目的とした、さまざまなカテゴリーのレーシングシミュレーターが誕生した。 以下、それぞれのカテゴリーについて、いくつかの例を挙げながら詳しく説明しよう。

アーケード・スタイルのタイトル

このカテゴリーでは、コンソール、PCを問わず、一般大衆がアクセス可能な万人向けのタイトルを紹介する。 これらのタイトルの目的は、超現実的であることなく、プレー中に一服の楽しみを与え、楽しませることである。 もちろん、ある程度のリアリズムはあるが、一般的にはかなり低く、スピードや段差などを感じられる程度だ。

Need For SpeedForza HorizonGridBurnoutなどのライセンスが含まれる。 一般的にこれらのタイトルでは、レーシングカーやスーパーカー、ハイパーカーを用意し、キットやチューニングなどでアップグレードして馬力やグリップなどを向上させる。 Forza Horizon』のようなタイトルは、サーキット/コースに適応させるために、車両にチューニングレイヤーを追加している。

先に述べたように、これらのタイトルは、ただクルマに乗って、オープンワールドモードやサーキットでレースを楽しみたいという一般的なゲーマーをターゲットにしている。 この手のゲームの多くでは、ダメージ管理は存在せず、セッティングは主に特定の車のステータスを向上させるためにある。

これらのタイトルはコントローラーでプレイするように設計されているが、シムレーシングのセットアップがあれば、特にコンソールでは、それなりのリアリズムが加わる。 シムレーシングのファンなら、このカテゴリーのゲーム/タイトルにはまったく興味がないはずだ。 最悪でも、そこで時間をつぶしたり、リラックスしたり、一緒に楽しんだりすることはできる。 正直なところ、私たちは皆、NFSのようなタイトルからスタートし、多くの人にとって、それがその後のシミュレーション・カテゴリーへの鍵となった。

準アーケードタイトル

ここからは、準アーケードタイトルの核心に迫っていく。 このタイプのシミュレーションを完全に理解するには、このカテゴリーのゲームがアーケードゲームとシミュレーションゲームの中間であることを覚えておくことが重要だ。 レーシングカー、セッティング、コース、サーキット、マシンの物理演算、ダメージ管理、タイヤ管理、時には燃料管理など、ドライバー(シムレーサー)にはるかに没入感のある体験を提供することである。

これらのタイトルでは、ジョイスティックを使って車を操作することができるが、ゲームとそのリアルさを十分に楽しむためには、ベース+ステアリングホイール+ペダルのシムレーシングセットアップを用意することを強く推奨する。 これには、F1グランツーリスモフォルツァ・モータースポーツプロジェクト・カーズなどのライセンスが含まれる。 これらのゲームのすべてが真のシミュレーションというわけではないが、特に高性能な周辺機器を備えたシムレーシング・セットアップを持っている場合は、それに非常に近い。

多くのビデオゲームと同様、準アーケードタイトルもさまざまなプラットフォームで見つけることができる。 ソニーのゲーム機専用タイトルもあれば、マイクロソフトのゲーム機専用タイトルもあるし、クロスプラットフォームのタイトルもある。

F1サーガ(何年でも)

その名が示すように、このタイトルはモーターレースの最高峰であるシングルシーターだけに特化している。 このタイトルはEAが 開発し、Xbox、プレイステーション、PCのほぼすべてのプラットフォームで利用できる。

このゲームは毎年、F1シーズンの新バージョンが発売される。 基本的に、フォーミュラ・ワンはシミュレーション・ゲームではなく、セミ・アーケードである。というのも、ここでのドライビングは確かにリアルだが、誰でもそれほど問題なくプレイできるほどシンプルだからだ。 このゲームは、コントローラーだけでなく、シムレーシングのセットアップにも対応している。

また、予選、プラクティス、GPなど、F1のすべてがリアルに再現されている。 私の知る限り、フォーミュラ・ワンはこのスポーツのファンにとって素晴らしいシムレーシングタイトルだ。

フォルツァ・モータースポーツ・サーガ

Forza Motorsport 』もまた、マイクロソフトのスタジオ直系のシムアーケードタイトルである。 今回はXboxとPCのみの対応となる。

つまり、『Forza Motorsport』は『Forza Horizon』の準アーケード版というわけだ。 技術的に言えば、2つのタイトルは同じ基盤(グラフィックエンジンなど)をベースにしているが、モータースポーツにはダメージ管理、高度なグラフィック、何百台もの車、伝説的なサーキットなどがある。

Forza Motorsport』は純粋なシミュレーションタイトルではないかもしれないが、それでも世界のあらゆるシムレーサーの中で最高の1本だ。 使い方は簡単で、コントローラーやシムレーシングのセットアップと互換性がある。 ファナテックには、Forza Motorsportの公式ライセンスを取得したステアリングホイールもある。 私が知る限り、アマチュアやセミプロのシムレースとしては、今でも素晴らしいタイトルだ。

グランツーリスモ・サーガ

グランツーリスモ 』は、その名を冠した初代プレイステーションでシムレーシングを多かれ少なかれ世に送り出し、ソニーのゲーム機で発売されてから25年以上経った今も、私たちに夢を与え続けている。 お察しの通り、このタイトルはプレイステーション専用である。日本のゲーム機メーカーは他機種との混合を好まないからだ。

グランツーリスモ』は『フォルツァ・モータースポーツ』と同様、レーシング・シミュレーションではなく、セミ・アーケード・タイトルだ。 このゲームの目的は、シムレーシングのセットアップであれ、ジョイスティックであれ、幅広いレーサーがアクセスしやすく、何よりもコントロールしやすいゲームを提供することで、すべての人にアピールすることだ。

とはいえ、ソニーのタイトルにはダメージ管理、美しいグラフィック、キャリア管理などが備わっている。 このシムレーシング部門のタイトルと同様、かなり包括的で、私に言わせれば、ほとんど同じに見える。

Forzaと同様、Fanatecはソニーとのパートナーシップのもと、グランツーリスモファンのために特別にデザインされたバンドル「GT DD Pro」をリリースした。 GT DD Pro . グランツーリスモ専用ステアリングホイール、5または8nmのCSL DDベース、ペダルユニットが付属し、すべて700ユーロ/850ユーロ。 正直なところ、ホイールは非常にベーシックでプラスチック製であり、この価格帯のファナテックの基準からはほど遠い。 しかし、ベースはこのセグメントで最高であり、その点は許せる。

プロジェクト・カーズ

このタイトル、いやこのサーガは、純粋なシミュレーションに非常に近い。 現在までにコンソールとPCで発売されたのは3タイトルだけで、4タイトル目が開発中と噂されている。 私の知る限り、プロジェクト・カーズ2 ダメージ、燃料とタイヤの管理、考慮しなければならないピットストップ、昼と夜のサイクル、レース中に変化する天候、自分自身を食べてしまわないように注意深く監視しなければならないブレーキ温度など、シミュレーションに最も近いゲームである。 ブレーキフェードなど 純粋なシミュレーションに走らずとも、シムレーシングのプロにとっては完全なタイトルなのだ。

さらに、『プロジェクト・カーズ2』では、タイヤの空気圧やサスペンションからエンジンマッピングまで、車両を完全にチューニングできる。 レーシングカー愛好家のパラダイスであり、シムレーサーにぜひお勧めしたいタイトルだ。

シミュレーション・タイトル

さあ、次は本物のシムレーシング戦士たち、純粋でシンプルなシミュレーションタイトルの番だ。 その他のカテゴリーでは、マルチプラットフォームのタイトルが見られた。 ここでは実質的にすべてPCだ。 なぜだろう? というのも、超リアルな感覚を味わえる最高級のシムレース用周辺機器のほとんどは、PCでしか動作しないからだ。 それが理由だ。

iRacing

iRacingは、多くのレーサーからシムレーシングゲームとみなされており、多くの本物のレーシングドライバーもそれに同意している。 このゲームのコンセプトは一風変わっていて、利用料を支払うと、マイクロトランザクションで入手できるコンテンツが手に入る。

率直に言って、このタイトルを最大限に活用するにはフルプライスを支払わなければならないので、高価な提案だ。 しかし、ひとたび大枚をはたけば、iRacingは シムレーシングの真のベンチマークであり、実質的に誰にでも楽しめる。

ル・マン24時間レース、インディカー、ナスカーの公式ライセンスなどなど。 プロレーサーのための完全なシムレーシングタイトルであり、何よりも世界で最も人気のあるタイトルのひとつだ。 しかし、それを楽しむにはある程度のライディング能力が必要で、そうでなければかなりの間、集団の最後尾にいることになる。

アセット・コルサ

アセット・コルサは 、コンソールおよびPC向けのシミュレーション・タイトルとして多くの人に知られている。 このゲームは10年ほど前のもの(2014年発売)で、コンソールではかなり古くなっているが、PCではまったく古くなっていない。 スカイリム』や 『ウィッチャー3』と同様、『アセット・コルサ』の強みはその素晴らしいコミュニティにある。

グラフィックの面では、PC版はMODのおかげでまだ健在だが、コンソール版では同じことは言えない。 ドライビング体験は非常にリアルで、特にシムレーシングのセットアップが良質であれば、本物のレーシングカーに乗っているような印象を受ける。

セッティングに関しては、まあ、いくらでも選べる。 ほぼすべてを自分の好みに合わせることができる。 車両のカスタマイズという点では、あらゆる面でiRacingと同等だ。

アッセト・コルサは モーターレースの鼓動を敏感にキャッチしており、さまざまなマシンとサーキット、そしてそれぞれが伝説的な存在となっている。 さらに、このゲームがまもなく10周年を迎えることを考えると、Steamでは非常に安価で購入できる。

アセット・コルサ・コンペティツィオーネ

アセット・コルサ・コンペティツィオーネは 、ベースゲームであるアセット・コルサと同じレシピだが、GT3およびGT4競技用である。 もしあなたがモータースポーツとそれに付随するセットアップのファンなら、アッセート・コルサ・コンペティツィオーネを強くお勧めしたい。

このタイトルでは、ドライバー、チーム、サーキット、マシン、スポンサーなど、あらゆるものが公式ライセンスを受けている。 手触りや感覚も同様で、細部に至るまですべてが超リアルだ。 アセット・コルサ・コンペティツィオーネなら、新進ドライバーもきっと気に入るものが見つかるはずだ。 唯一の欠点は利用できるプラットフォームだ。 なぜなら、この種のタイトルは、非常に高級なシムレース周辺機器を備えたPCでしか100%使えないからだ。 しかし、コンソール版は現在開発中で、いつかリリースされるはずだ。

どちらを選ぶべきか?

シムレーシングのタイトルを選ぶのは、ハードウェアや周辺機器を選ぶのと同じです。 アセット・コルサや iRacingのような純粋なシミュレーションに多くの時間を費やしているのは事実だが、ときどきフォルツァでリラックスするのも好きだ。 最終的に伝説のサーキットでレーシングカーを運転するのはあなたなのだから。

私がアドバイスできるのは、あなたの設定に基づいてタイトルを選ぶことだ。 のような静かなタイプの構成をお持ちの場合。 ロジクール G29 G923 シムレーシングがお好きなら、これらの周辺機器ではあまり感覚が得られないという単純な理由から、セミアーケード・タイトルを選ぶのがベストでしょう。

一方、ロードセルペダルボードと ダイレクトドライブベースのセットアップを持っていて、シムレーシングのファンなら、純粋なシミュレーションタイトルを選ぶのがベストだ。 しかし、いずれにせよ、自分が好きなタイトル、自分が一番楽しめるタイトルを選ぶ必要がある。

Notez cet article

Vous risquez également d’aimer…

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Pin It on Pinterest

FANATEC : La meilleure marque Sim Racing
This is default text for notification bar