ページを選択

NSHレーシング:フランス製シム・レーシング・ブランドに注目

Sim Racer

Pilote e-sport & Passionné de Sim Racing, j’ai décidé de partager ma passion sur ce site web.

シムレーシングの世界はかなり混雑しており、20年以上もこのゲームに参入しているブランドもある。 なぜなら、市場シェアは、生涯を通じてより安価で、何よりも革命的な革新的製品を提供することによって獲得されるからだ。

最も具体的な例は、次のような力業である。 ファナテック 成し遂げた力業である。 この同じベースは現在、5nmバージョンで350ユーロとなっており、予算に限りのあるすべてのシムレースファンのためのGo-Toとなっている。

シムレーシングの世界的なリーダーの中には、多民族性のブランドがあります。ファナテックはドイツのブランドです、 プレイシート はオランダ ロジクール はスイスです、 スラストマスター (ゲーム部門)はフランスだ。 これらの選手に共通しているのは、20年以上の試合経験があることだ。 ただし、NSHレーシングにはフランス出身の選手もいる。 シムレース愛好家によって設立されたこの会社は2016年に設立され、瞬く間に新たな地平へと突き進んでいった。

以下では、このフランスのブランドについて詳しく見ていこうと思う。 その歴史、代表的な製品、そして私が思うことをお話ししよう。

NSHレーシングの歴史

NSHレーシングの創設者であるニコラ・プランソンがシムレースと、とりわけ当時の革新的な製品に強い関心を抱くようになったのは、2016年のことだった。 2016年は、ダイレクト・ドライブ・ベースと彼らが一般大衆に提供するものについての話題で持ちきりだった。 実際、主な焦点は価格であり、エリート主義的な技術が庶民の予算に適合するのを見たのは初めてだったからだ。

それにもかかわらず、プランソン氏は深みにはまり、自分の会社、ニコ・シム・ハードウェアのNSHを設立しようとした。 NSHの最初のモデルは、プロライダーやプロシムレーサーに理想的なダイナミックシャーシだった。 それまで、ニコラはひとりで仕事をしていたが、デザイン、開発、製品作りなど、まだやるべきことがたくさんあったため、それを続けることはできなかった。

そこで彼は助けを必要とした。 2018年、ジュリアンはNSHでエンジニアとして働き始めた。 その仕事は、製品のデザイン、開発、プロトタイプの作成、生産に及ぶ。

しかし、同社が本格的に軌道に乗ったのは2020年、COVID 19の世界的な健康危機のときだった。 みんな家に帰って何もしなかった。 だから、自分の情熱を自由に発揮した方がいいだろう? NSHの評判は高まり、同社はフランス国内外におけるシムレースの主要プレーヤーとなった。

NSHの活動

他のシムレースブランドとは異なり、NSHは周辺機器だけを製造しているわけではない。 同社はプロドライバーやプロシムレーサー向けのセットアップを開発するほか、自社で周辺機器を製造・販売している。

比較的新しいブランドであることを考えると、市場シェアを獲得するためには、品揃えの多様化、そして何よりもサービスの多様化が不可欠である。 シムレースほど競争の激しい市場では、これは並大抵のことではない。

先に述べたように、NSHはダイナミックまたはノン・ダイナミック・シャシーを使ったコンプリート・セットアップという形で、プロドライバーに製品とソリューションを提供している。 ここでの目的は、ドライバーが実際のコンディションでトレーニングできるような設定を提供することだ。 しかし、それだけではない。 NSHは、開発・販売する製品に加え、自動車教習所やシムレーサー向けのソリューションも提供している。

シムレース・プレーヤーからこのようなことを言われるのは、正直、少し非典型的だが、そのセグメントで成功するためには、そのセグメントに適応し、困難を克服することが不可欠なのだ。 いずれにせよ、私はプランソン 氏が会社でやっていることが好きだ。

NSHの製品レンジ

NSHが提供する包括的でカスタマイズ可能なセットアップに加えて、同社は独自の製品を開発している。 シムレース界のビッグネームやドライバーと仕事をすることには利点がある。 NSHのラインナップには現在、油圧クランクセット、シフター、ハブとフライホイール、油圧ハンドブレーキ、ダッシュボード、市販されているほぼすべての直径70mmのチェーンステーと互換性のある自社製QRなどがある。

設立からまだ10年も経っていない会社としては、かなり重い部類に入る。特に、これらの製品がレーシングドライバーのために設計されたプレミアムであることを考えればなおさらだ。

NSHクランクセット

シムペダル・スポーツ

これはNSHのエントリーレベルのペダルボードであり、たとえその価格が多くのシムレース愛好家を怖がらせるとしても。 このモデルは3ペダルで、アクセルとクラッチはホールセンサー(磁気)モード、ブレーキはシングルマスターシリンダーの油圧式である。

スポルトのデザインはかなりインダストリアルなもので、黒いドレスに部分的にいくつかの色が使われている。 絶対的に見れば、エンジニアがプロトタイプを作るために開発した周辺部品のアマルガムのようだ。 簡単に言うと、見栄えは良くないが、超効果的なのだ。

アクセルとクラッチの磁気センサーはドライバーの入力を正確に読み取り、油圧システムはレーシングカーのブレーキフィールを完璧に再現する。 このシステムは70 barまでの圧力に耐えることができ、すべてエンドストップなし。 特にロードセルのペダルボードを使っている人なら、まさに完璧だ。 価格は1,000ユーロ強。

シムペダル・プロ

さて、NSHの中級ペダルボード、SimPedals Proの出番だ。 基本的にはスポーツと同じ、どちらかといえば工業的なデザインだが、いくつかの特筆すべき改良が加えられている。 今回も構造はすべて金属製だが、弟分よりも仕上がりがいい。 より質の高い製品であることがお分かりいただけるだろう。

プロには3つのペダルがあり、うち2つは油圧式(ブレーキと クラッチ)、そしてホールセンサー式ペダルが1つある。 ブレーキには2つのマスターシリンダーが、クラッチには1つのマスターシリンダーが装備され、究極のフィールとリアリズムが約束されている。

ドライバーの入力を読み取るシステムは精度が高く、すぐにシムレーシングを上達させることができる。 実際、シミュレーターのスキルを向上させたいのであれば、ダイレクト・ドライブのベースを考える前に、まずペダルボードをアップグレードすることをお勧めする。

ブレーキのフィーリングに関しては、Sportクランクセットとほとんど変わらない。 マスターシリンダーが2つあっても、最大圧力は70バールのままであり、ストップもかからない。 しかし、ブレーキングは格段に良くなり、コントロールしやすくなった。

価格について話そう。 SimPedals Proの 価格は1,498.99ユーロと高額である。 しかし、これはレーシングドライバーのために設計された最高級機であることを忘れてはならない。

シム・ペダル・アルティメット

NSHペダルボードのビッグダディ、SimPedals Ultimateについてお話ししましょう。 簡単に言えば、重いものだ。 このクランクセットには、2ペダルと3ペダルのバージョン 2,000 ユーロと2,500ユーロ)があり、もちろん油圧式である。

ブレーキには、マスターシリンダーが2つ、アクセル用のホールセンサーが1つ、そして油圧クラッチがある。 デザイン面では、NSHの他のクランクセットと非常によく似ており、金属構造、カーボンファイバー、ブラッシュド・アルミ仕上げとなっている。 前から見ると美しいが、後ろから見るとそうでもない。

フットレストは調節可能なので、自分に合った乗車姿勢をとることができる。 フィーリングという点では、同じ70バールのブレーキ圧だ。 全体として、このクランクセットは他のクランクセットと似ているが、より高品質であるため、ライダーはタイムを更新しやすく、また使用感も良くなっている。

価格的にはまだ高い。 クラッチペダルは500ユーロ追加となる。

NSHハブ

シムレース周辺機器の優れたメーカーと同様に、NSHもシムキューブOMP、その他のステアリングホイール用のハブを提供している。 ステアリングホイールの開発には莫大な費用がかかるため、完全な周辺機器を提供することが目的ではなく、シムキューブなどの ハイエンドメーカーのステアリングホイールと連動するハブを提供することが目的である。 このようなパートナーシップは、NSHにとってプレミアムな顧客を確保するだけでなく、フランス企業がエリート層に存在感を示すことを可能にする。

で、ハブ。 GT-BLE Sportと Proの2種類がある。 デザインはほぼ同じで、異なるのは一部の部品の色と価格だけだ。 この2つのハブはカーボンファイバー製で、いくつかの高級ブランドのシムレーシング用ステアリングホイールに取り付けることができる。

パドルは2本で、これもカーボンファイバー製。 仕上げや作りについては何も言うことはない。 一流というだけだ。

価格に関しては、これら2つのハブは、色と中央のフェースプレートの両方で完全にカスタマイズ可能である。 スポーツの場合、500ユーロから始まり、ハブとステアリングホイール(リストから選択)で772ユーロになる。 Proは 700ユーロから始まり、ハブとお好みのステアリングホイールで973ユーロとなる。

油圧式ハンドブレーキ

このデバイスがすべてのシムレーサーにとってのGo-Toではないとしても、ラリーに参戦するドライバーの中には、ハンドブレーキがセットアップに不可欠な人もいることを忘れてはならない。 中途半端なことはしたくないと、NSHは優れた周辺機器、それも油圧式のものを考案した。

デザインは非常に落ち着いており、スタンドもハンドルもすべて金属製。 後者のハンドルはサポートにネジ止めされ、上部に発泡スチロールが付いている。 とても基本的なもので、もっといいデバイスが欲しかった。

とはいえ、油圧システムのおかげで高性能なハンドブレーキであることに変わりはない。 小型のマスターシリンダーはグレーで、ラリーステージで抜群のフィーリングを発揮する。 このブラケットは、現在市販されているほぼすべてのシャーシに取り付けることができる。

価格に関しては、この油圧ハンドブレーキは300ユーロ弱で交換できる。

ダッシュボードとRevLED

NSHはシムレースであらゆることをやろうとしていると申し上げましたが、この多角化はフランスの会社にとって素晴らしいことです。 ダッシュボードとREVLEDである。 ダッシュボードには、操縦に不可欠な多くのデータを表示する対角4インチのスクリーンがあり、FanatecThrustmasterSimucubeなどのエコシステムと互換性がある。

同メーカーの他の製品と同じ高水準で製造されている。 価格は150ユーロから173ユーロで、これは妥当だと思う。

RevLEDには、ダッシュボードに取り付けるシンプルなRevLED、シャーシに直接取り付けるハウジング、RevLED、ハウジング、ダッシュボードがセットになったコンプリートキットなど、いくつかのオプションがカタログに掲載されている。 49ユーロから219ユーロと、かなり手頃な価格だ。

NSHのシフター

NSHはシフターを開発した。 開発したというより、既存のシフターであるSRTルボア・レーシングに改良を加えたのだ。

NSH SimGearは 、高品質のギアレバーをベースにした100%カスタマイズ可能なシフターです。 NSHシフターとレボイスレーシングシフターの大きな違いはセッティングだ。 SimGearでは、交換可能なトラックを使って感触を調整できる。

さらに、このNSHシフターには、クラッチを踏み忘れてもギアがロックされるeクラッチが装備されている。 そしてそれは、市販されている他のシフターでは見たことがないものだ。 シムギアもまた、多くの最高級シフターのようにHパターンでシーケンシャルだ。

唯一の欠点は価格だ。 このシフターを買うには699ユーロもする。レボイス・レーシングのシフターがたったの200ユーロであることを考えると、これは本当に高価なものだ。 DIY愛好家のためのミニTPのようなものだ。

その他のNSHシリーズ

フランスメーカーのその他の製品群としては、ニーズやプラットフォームに合わせてカスタマイズできるリグや、シムキューブなど多くのシムレース・プレーヤーと提携して開発された製品などがある。

あらかじめ言っておくが、NSHがカスタマイズするものは高価だ。

NSHは本当に検討する価値がないのか?

他の多くの高級シムレーシング・プレーヤーと同様、NSHは 優れた製品を提供するブランドであり、時には非常に優れたコストパフォーマンスを発揮する。 私に言わせれば、お金に余裕があり、シムレーシングのカスタムをしたいのであれば、NSHは それだけの価値がある。

少なくとも私が思うに、このブランドの最大の障害はマンパワーの不足である。 従業員は数名で、プランソンとレンヌがいる。 チームが大きくなったことで、NSHには明るい未来が待っていると思うし、新しい製品を提供することで、シムレース市場でより大きなシェアを獲得することもできるだろう。

いずれにせよ、NSHがシムレース界でよく知られた存在であり続けているのは、とりわけプロシムレーサー向けの実績のおかげである。 繰り返しになるが、フランス製の高品質なカスタム・シムレーシング・デバイスをお探しなら、NSHにお任せいただきたい。

Notez cet article

Vous risquez également d’aimer…

Xbox互換機「MOZA R3」がグランドローンチ!

Xbox互換機「MOZA R3」がグランドローンチ!

中国のシムレース・デバイス・メーカーであるMozaは、わずか4年足らずで人気メーカーとなった。 私たちには、何年も(10年以上)かけて頭角を現し、セットアップレースの可能性を考慮されるようになった選手たちがいる。...

Fanalab:セットアップを管理するソフトウェア

Fanalab:セットアップを管理するソフトウェア

シムレースを長くやっていれば、多種多様なセットアップやコンフィギュレーションがあることをよくご存じだろう。 特定のモータースポーツ分野に特化したチームもあれば、あらゆるスポーツの要素を少しずつ取り入れようとするチームもある。...

最高のファナテック・バンドル

最高のファナテック・バンドル

世界中のシム・レーサーが同じ問題に直面している。 市場に出回っている周辺機器やブランドの数を考えると、これは非常に厄介な質問だ。 シムレース分野は、特に幅広い製品や周辺機器を提供する企業にとっては、有利な分野であると言わざるを得ない。...

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Pin It on Pinterest

FANATEC : La meilleure marque Sim Racing
This is default text for notification bar