ページを選択

シムラボ:シムレーサーお気に入りのコックピットブランドに注目 2024

Sim Racer

Pilote e-sport & Passionné de Sim Racing, j’ai décidé de partager ma passion sur ce site web.

シムレースブランドはかなり多く、近年は新規参入組もある。 このセグメントで最も古いプレーヤーは、20年以上前に設立された企業である。 もちろん ロジクール , スラストマスター , ファナテック そして プレイシート などがある。 シムレースやゲーム全般のファンなら、おそらくこれらの会社の名前を聞いたことがあるだろう。 あるライダーにとっては、あらゆるライダーに対応する周辺機器を備えた世界最高のライダーだ。

また、この分野に革命を起こした若い企業もある。 例えば、シマジックが挙げられる、 アセテック Simlabなどがあります。 これらのブランドは歴史は浅いが、周辺機器とコックピット/シャシーの両面で、シムレーシングの世界には欠かせない存在となっている。

今日は、おそらくみなさんが知らないであろうブランド、シムラボについて詳しく見ていこうと思う。 同社は、シムレース用周辺機器とコックピットの両方を製造し、公式モータースポーツチームにも供給している数少ない企業のひとつである。 今回は、このブランドとその代表的な製品について、そして私の意見をお伝えしよう。

シムラボの歴史

数年前、この会社のボスであるリチャード・シュテレンが、大金を払わずに自分の好みに合う最高級のシムレース用コックピットを見つけられなかったことがすべての始まりだった。 私がよく言うように、高級シムレーシング周辺機器は手も足も出る値段だ。

リヒャルト・シュテレンにとって、バーチャル・レーシングへの情熱を犠牲にすることは考えられなかった。 2015年、シムラボの 現社長はシムレーシングの冒険に身を投じ、ハイエンドだが「手頃な価格」のシムレーシング用コックピットと周辺機器を専門に扱う会社を設立した。

今日、このメーカーはメルセデスAMGペトロナスEスポーツの 公式パートナーであり、これはシムラボ 製品の品質と世界中のレーサーへのコミットメントを物語っている。 一般的なシムレーサーにはあまり知られていないブランドだが、シムレーサーのプロたちはこのブランドをよく知り、その製品を愛用している。

シムラボ製品

現在、シムラボはコックピットだけでなく、その他のシムレース製品も製造している。 オランダのメーカーは現在、コックピット/シャシー、シート、サポーターを製造している。 モニター テレビ シフターズこのシリーズには、ゲームの主要ブランドのほぼすべてのシムレース周辺機器用ブラケット、ダッシュボード、グローブ、各種アクセサリーが含まれる。 グリッド シムレーシングの周辺機器(別のウェブサイトで販売されているが、Simlabの一部)や、その他多数のシムレーシング・アクセサリーがある。

オランダのこの会社はコックピットから出発し、現在はこれらの製品を専門に扱っている。 その他のアクセサリー/周辺機器は、シムレーサーのより幅広い層にアプローチすることを目的とした、会社の多角化の結果である。

コックピットやシャシーに関しては、メーカーは現在4種類を提供しており、価格はリーズナブルで、カスタマイズに重点を置いている。 例えば、ほとんどのシャシーメーカーは、構造、サポート、シートなどを含むコックピット一式を提供する。 例えば、SimlabはWS-Proホイールスタンドのみを提供しています これにより、Direct Driveベースとペダルボードをマウントするための強固な構造を確保しつつ、予算に限りがある場合や高品質なシムレース周辺機器にすべてを費やしている場合でも、ゲーミングチェアを使用することができます。 私は気に入っているし、この会社がシムレーサーを念頭に置いていることがわかる。

シムラボのコックピット

今申し上げたように、このブランドは現在4つの製品と、カスタマイズ可能なベースとクランクセットのサポートを提供している。 Simlabと Playseatの43のシャーシを比較すると、特に多くないと言われるかもしれない。 一方で、あなたの言う通り、シムラボのカタログは本当に限られている。 しかし一方で、オランダのメーカーはわずか8年の歴史しかなく、プレイシートの20年以上の経験に比べれば大したことはない。

とはいえ、シムラボは最も要求の厳しいライダーの要求を満足させるよう設計された、非常にしっかりした高品質の製品を提供してくれる。 Simlabが提供するコックピットは5つだけだが、プロレーサーやシムレースファンには十分すぎるほどだ。

シムラボGT1 EVO

シムラボGT1エボ

について GT1 EVO は、Simlabのエントリーレベルのコックピットです。 というのも、GT1 EVOには シートが付属しておらず、Simlabか競合他社から別途購入する必要があるからだ。

シャーシはアルミ製で、シートなしで50kgを超えるため、比較的丈夫で軽い。 アルミニウムのプロファイルは、今言ったように剛性の高い構造を実現するが、アップグレードも可能だ。事実上、どんなシムレーシングのセットアップにもシャシーを合わせることができる。

ベースサポートは ファナテックDD2 とその25nmのトルクに対応するように設計されている。 注目すべきは、シムレーサーの多くが8~15nmをベースにしていることで、GT1 EVOは 、ベースが何であれ、市場に出回っているすべてのセットアップと互換性がある。 心配はない。

デザインは美しく、とても地味で気に入っている。 ペダルボード用のブラケットは、少なくとも有名ブランドのものであれば、市場に出回っているほとんどすべての周辺機器に対応できるよう、あらかじめ穴が開けられている。 ベースサポートにもあらかじめ穴が開けられているが、サポートに取り付けるにはベースごとにアダプターを購入する必要がある。

GT1 EVOの価格は、シートやランナーなしで449ユーロ。 シートはSimlabや他のバケットメーカーから購入できるが、それに付随するスライドもお忘れなく。

全体として、GT1 EVOは 、その価格タグがそう主張しているとしても、リーズナブルな価格でシムレーシングのための良いベースを示している。 しかし、シムラボはプレミアムブランドであることを忘れてはならない。

P1-X シム・レーシング・コックピット

シムラボp1x

次に、GT1 EVOのすぐ上の製品、P1-Xを紹介しよう。 つまり、弟分のP1-Xと同様、P1-Xはコックピットというよりもシャーシに近い。

同じ構造で、強度、柔軟性、カスタマイズのためにアルミニウム製セクションが使用されている。 ここでも、クランクセットのサポート(あらかじめ穴が開けられている)、チェーンステー/ステアリングホイールのサポート、ギアレバー/シフターのサポートを提供する構造がある。

P1-XとGT1-EVOの主な違いはベースサポートで、シャーシ購入時に設定できる。 幅広いベースオプションに対応できる「フラット」ブラケット(少なくともボトムマウントのもの)か、ファナテックベース専用のブラケット、またはフロントマウントの標準的なブラケットを入手することができる。 その点では、シャーシを買ってからサイトの『アクセサリー』セクションに行って探していたものを探す必要がなく、たくさんの中から選べるので、すでに柔軟性がある。

今回、P1-Xにはシートもランナーもない。 だから、シムレーシングをするには、それらを別々に購入しなければならない。 正直なところ、GT1-EVOでは問題ないが、P1-Xでは、特にこのシャーシが830ユーロもするため、少々飲み込みにくい。 P1-XはGT1-EVOのデザイン改良に過ぎず、その価格はほぼ2倍で、しかもシートなしである。

X1-PROシム・レーシング・コックピット

シムラボX1プロ

これはSimlabの最上位機種X1-PROである。 スパルコのバケットシートとスライドが付属し、その他のグッズも箱に入っているのだから。

このコックピットは私の知る限り革命的だ。 構造もプロファイル・アルミニウム製だが、兄弟2台よりもはるかに頑丈だ。 フロアはモジュール式で、シムレースやドライビングの好みに合わせて変更できる。 目の前にはモニタースタンド、ペダルボードスタンド、ベース/ステアリングホイールスタンドがある。 サイドには、ギアレバーやシフターブラケット用のマウントポイントがあるが、後者は別売り。 1800ユーロ近くするコックピットにはちょっと残念だが、少なくともシートは付いてくる。

バケツといえば、スパルコのものだが、実に素晴らしい。 快適なだけでなく、スライドによって、どんな体格の人でも完璧なドライビングポジションをとることができる。 デザイン面では、黒がコックピットを支配し、白のロゴはわずかである。 素晴らしいし、大好きだ。

ドライビングポジションは、他のシムラボ製シャーシと同様、典型的なGTだ。 競合他社のようにドライビングポジションが選べるほうがよかったが、GTで十分だ。

私が知る限り、X1-PROは 素晴らしいコックピットで、非常によく仕上げられており、高級感がある。 価格は少し高いかもしれないが、同時に優れた機能を備えた高品質の製品を手に入れることができる。 もちろん、お金に余裕があれば大賛成だ。

レースXプロ

シムラボ・ラセックス・プロ

最後に紹介するRaceX Proは 、シートの有無が選べるシャーシだ。 他と比べて大きく変わったのは、まず構造だ。 アルミニウムのプロファイルの代わりに、世界で最も美しいもののひとつであるアルミニウム管構造を採用しています。

デザインは非常に魅力的で、RaceX Proは全体が黒で統一され、ところどころにオレンジのアクセントがある。 調整可能なベース/ステアリングホイールとペダルマウントがあり、さまざまなシムレーシング周辺機器に対応できる。 シムラボはプレミアム・ブランドである。 レースXプロ 市場で最もパワフルなダイレクト・ドライブ・データベースをサポートしています。ファナテックDD2, シムキューブ2など)。この点、各ベース用のブラケットはまた別売りなので、忘れずに……というのが、シムラボのお決まりのパターンになりつつある。

シートは、700ユーロでシャーシのみ、1,000ユーロでバケットシート付きのコックピットが選べる。 どちらのオプションを選んでも、どちらのシャーシもしっかりしており、シムレースセッション中も安定性を保つことができます。

RaceX Proの 利点は、見た目がよく、リビングルームやベッドルームに置いてもスタイリッシュに見えることだ。 Simlabの他のモデルは、より適応性が高く、好みに合わせてカスタマイズできるのは確かだが、私の知る限り、RaceX Proほどリビングルームには似合わないだろう。

グリッド周辺機器

シムラボは、最高級のシムレーシング周辺機器メーカーであるグリッド・エンジニアリングを買収することで、世紀のクーデターを起こした。 現在、Simlab社の傘下で運営されているGrid社は、製品の研究開発に多額の予算を投じており、これによってさらに多くのシムレース用周辺機器を提供できるようになる。

グリッドステアリングホイールレンジは、現在2つのインプットで構成されています。 グリッドMPX ポルシェ 911 RSR . グリッドMPXは、フォーミュラ・スタイルのカーボンファイバー製ステアリングホイールで、多くのコントロールと比類のないエルゴノミクスを備えている。 小売価格は1,200ユーロで、競合製品よりもかなり高価だが、同時に卓越したステアリングホイールでもある。

ポルシェ911 RSRに関しては、ポルシェのオフィシャルライセンスのもと、巨大なスクリーンと多数のコントロール/ボタンを備えた、よりGT/エンデュランススタイルのステアリングホイールとなっている。 超現実的で、常軌を逸した、完璧ともいえる絶妙なステアリングホイールだ。 いや、完璧だよ。 唯一の欠点は価格だ。 2,500ユーロ近い価格で販売されているこのマシンは、世界のエリート・シム・レーサーの間でしか買い手がつかず、無制限の予算を持つ人たちしか買わないと断言できる。

シムラボアクセサリー

お気づきのように、Simlabのシャーシやコックピットには多くのパーツ、ブラケット、アクセサリーが付属していません。 というのも、シムレースのセットアップはすべて同じではなく、ライダーのニーズも人によって異なるからだ。

GTのセッションだけをこなす者もいれば、ラリーのステージだけをこなす者もいる。 つまり、ベアボーンシャーシ、つまり基本的なシャーシと、シャーシをカスタマイズできる幅広いアクセサリーを提供するのがベストなのだ。 一方では、シムブリーダーのあらゆるニーズを満たす優れたアプローチであり、他方では、基本的な装備を少なくすることで、より多くの利益を上げる素晴らしい方法でもある。

シムラボのウェブサイトに掲載されているアクセサリーのリストには、ギアレバー/ハンドブレーキマウント、ラリードライバーのためのプッシュプル構成のまったく新しいシフター、モニターやスクリーン用のマウント、グローブ、ネジ、ナットなど、提供されているさまざまな装備品を取り付けるためのハードウェアの数々、ダッシュボード、360ユーロからのバケットシートなどが含まれている。 アクセサリーに関しては、Simlabはシムレーサーを喜ばせる製品や周辺機器を豊富に取り揃えている。

なぜSimlabは人気があるのか?

このブランドが人気なのは、世界中のライダーに適した優れたコックピットを開発・製造していることと、アクセサリーの総合カタログのおかげですぐにカスタマイズできる、という単純な理由からだ。

さらに、グリッド・エンジニアリングの買収により、シムラボは超高級でエリート志向のシムレーシング周辺機器(特にステアリングホイール)を提供することで、製品カタログをさらに拡大しようとしている。

シムラボは、コックピット、シャーシ、その他のアクセサリーのいずれを購入する場合でも、在庫があるので安心です。 このブランドのシャシーのコストパフォーマンスはかなり良いが、それでもまだかなり高価なモデル(あなたのことですよ、 P1-X)にはシートを追加してほしかった。 とはいえ、シムレーシングのセットアップを組む際に信頼できるブランドであることに変わりはない。

Notez cet article

Vous risquez également d’aimer…

Fanalab:セットアップを管理するソフトウェア

Fanalab:セットアップを管理するソフトウェア

シムレースを長くやっていれば、多種多様なセットアップやコンフィギュレーションがあることをよくご存じだろう。 特定のモータースポーツ分野に特化したチームもあれば、あらゆるスポーツの要素を少しずつ取り入れようとするチームもある。...

最高のファナテック・バンドル

最高のファナテック・バンドル

世界中のシム・レーサーが同じ問題に直面している。 市場に出回っている周辺機器やブランドの数を考えると、これは非常に厄介な質問だ。 シムレース分野は、特に幅広い製品や周辺機器を提供する企業にとっては、有利な分野であると言わざるを得ない。...

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Pin It on Pinterest

FANATEC : La meilleure marque Sim Racing
This is default text for notification bar