ページを選択

Moza KS : テスト & レビュー

Sim Racer

Pilote e-sport & Passionné de Sim Racing, j’ai décidé de partager ma passion sur ce site web.

モザ・KS

メリット

  • フォーミュラ用プレミアム・ステアリング・ホイール
  • 金属構造
  • 4つのマグネット式リアパドル

デメリット

  • ステアリングホイールからの調整不可
  • カーボンファイバー複合構造

評価:9.7/10

中国のシムレース周辺機器ブランド モザ・レーシング この3年ほどの間に、かなり良い生態系を我々に提供してくれたことは認めざるを得ない。 カタログには、6つのベース、ステアリングホイール、ペダル3つ、その他シムレース用アクセサリーが掲載されている。 のカタログと比べると、見劣りすると思う人もいるかもしれない。 スラストマスターまたは ファナテックそれは正直なところだが、モザが3年ほどのキャリアであるのに対し、他の2人は20年以上のキャリアがあることも忘れてはならない。 だから…

というのも、競争は私たちライダーにとって多くの選択肢を意味し、より低価格の製品を意味するからだ。

Mozaのステアリング・ホイールには KSステアリング・ホイールと呼んでいる。 KS 以下において。 このステアリングホイールは典型的なフォーミュラで、その特徴的な形状と、DRSやASRなど、その種目特有の機能を備えている。 この記事では、このステアリングホイールについて紹介し、その長所と短所について語り、私の意見を述べようと思う。

 

ステアリング・ホイールの主な特徴と技術的特徴

  • フォーミュラ専用ステアリング・ホイール
  • 直径30cm
  • レブLED
  • 合計17個のコントロール、4個のアルミニウム製パドル付き
  • Moza QRとの互換性
  • 無線または物理的な基地局接続
  • 2つのダイレクトパドルと2つのプログレッシブパドル
  • PCおよびピットハウスに対応
  • 炭素繊維複合材による金属構造

 

デザイン

KSのデザインは、フォーミュラ/GTのステアリング・ホイールをベースにしており、典型的な長方形の形状をしている。 ステアリングホイールは金属製だが、カーボンファイバー製の表皮が貼られており、正直言って少々安っぽく見える。 正直なところ、このステアリング・ホイールはかなり高価で、この値段なら(これについてはまた後述する)、プラスチック、金属、カーボンファイバーの複合素材ではなく、カーボンファイバーにしてほしかったというのが本音だ。

地味さと派手さを併せ持つ、レーシングカーのようなデザインだ。 事実上、すべての操作部が異なる色のLEDでバックライトされており、使いたいボタンをすぐに見つけられるので気に入っている。 しかし、それを好まない人もいるだろうし、それは理解できる。 全体として、このステアリングホイールは素晴らしく、多くのシムレーシングのセットアップに合うと思う。

GT DD PRO

カスタマイズされた組み立て

このホイールはリアにMoza Racing QRを介して装着される。 ホイールとドライブシャフトの接続は、このセグメントで最も強固なものの1つであり、一旦固定されればほとんどたわむことはない。

ホイールをベースから取り外すには、リングを引っ張り、ホイールの位置を合わせてからリングを放すだけです。 レーシングカーのようにシンプルで、とても速く、簡単だ。 さらに、ファナテック・ベースやQRのように、小さな金属棒を曲げないように細心の注意を払わなければならないピン・システムもない。 この場合、基地局との接続はワイヤレスか、特別なリングを使った物理的なものである。

 

製造と仕上げ

このステアリングホイールはカーボンファイバー製とはいえ、残念ながらちょっと美観に欠ける。 構造としては、ステアリングホイール全体が金属製で、強化カーボンファイバー・コンポジット(基本的にはプラスチック)とTPEゴムがハンドルに使われている。 非常によくできており、また非常によく仕上げられており、バリや組み立ての悪い部品などまったく気にならなかった。

Mozaはプレミアム品質の製品を提供しており、KSステアリング・ホイールも例外ではない。 TPEラバーもカーボンコンポジットも安っぽく見えるが、少なくともよくできている。

 

ハンドル操作

KSステアリングホイールのエルゴノミクス(人間工学)は非常に優れているが、2つのボタンが他のボタンよりかなり中央寄りに配置されているため、少し体操をしなければならないことを除けば、認めざるを得ない。 これらは S1S2この位置の選択は意図的なもので、スティックを指の近くに置くためだ。 まあ、それほど悪くはないが、注目に値する。

その他に関しては、ステアリングホイールは非常に握りやすく、ドライビングポジションは標準的な9:15ではなく、10:10あたりでかなりタイトになっている。 長時間のシムレースセッションで、私はKSがとても快適であることに気づいた。

その他のコントロールも理想的な位置にあり、その場で簡単にアクセスできる。 これはパドルも同じだが、ダイレクトパドルは少しスポンジーで、素早いギアチェンジをミスすることがある。

GT DD PRO

プレー中の感覚

続いて、Moza Racing KSステアリングホイールのフィーリングについて。 すでに、このホイール上の手の位置は、通常の9時15分よりも10時10分に向かっている。 シムレースにとって悪いことなのか? いや、少なくともこのステアリングホイールを数時間使った後ではね。 このポジションは、例えばACCで楽しい時間を過ごしたい人にとっては、むしろ快適だと言わざるを得ない。

ステアリングホイールはしっかりと手になじみ、ほとんどすべてのコントロールに簡単にアクセスできる。 というのも、S1とS2のボタンはジョイスティックの関係で中央に寄りすぎているため、親指を少し動かすだけで届くのだ。 大したことではないが、特筆すべきことだ。

このステアリング・ホイールは、R5からR21まで、Moza Racingが提供するすべてのベースと完璧にマッチします。 そして、このホイールが典型的なフォーミュラであり、多くのライダーがこの種目を愛し、それほどハイエンドなセットアップを持っていないことを考えれば、それは普通のことだと思う。

しかし、KSのすべて、特にパドルが完璧というわけではない。 磁気センサー付きのダイレクトシフターが2つ、クラッチやローンチコントロールなどのためのアナログ(プログレッシブ)シフターが2つある。 アナログは絶品で、何も言うことはない。 その一方で、ジャブの反応があまりよくないため、特にF1 2022で変速しようとしているときに、シフトミスを起こすことがある。 あまり制限的なマイナスポイントではないが、それでもある。

 

互換性

KSは、Moza Racingが提供するすべてのチェーンステーと互換性があり、その優れたクイックリリースのおかげで、ドライブシャフトとの極めて強固な接続を保証する。 しかも、このステアリング・ホイールはアダプターを使えば他のベースにも使える。

というのも、このホイールは実質的にMozaの他のカタログと同じで、ウィンドウズ・コンピューターにしか対応していないからだ。 コンソールレーサーにとっては少々残念なことだが、Mozaは近い将来それを変えたいと考えており、実際にXbox互換のR3バンドルから始めている。

GT DD PRO

コストパフォーマンス

KSは現在299ユーロで販売されており、発売以来50ユーロ値下がりしている。 コストパフォーマンスはかなり高いと言わざるを得ない。特に、作りの良さ、コントロールのカスタマイズ性、このホイールの頑丈さを考えると。 カーボンファイバーではなくカーボンコンポジット構造など、細かい欠点はあるが、気にすることはない。

 

私の評決

このモーザ・レーシングKSでのシムレース・セッションは本当に楽しかった。 全体的な品質と仕上げは非常に良く、特に長時間のシムレーシング・セッションでは人間工学的に優れていると思う。 OK、ダイレクトパレットは少しソフトで慣れが必要だが、それも屁でもない。

ファナテックの競合製品に対するこのステアリングホイールの大きな利点は、その価格だ。 より40ユーロ安い クラブスポーツ フォーミュラ V2.5 Xファナテック ファナテックKSは多くのライダーを魅了するはずだ。 いずれにせよ、私は承認する。 完璧とは言えないが、フォーミュラのステアリングホイールに必要な条件をほぼすべて満たしている。

gtのddプロ

モザ・KS

優れたPC用フォーミュラ・ステアリング・ホイール

Notez cet article

Vous risquez également d’aimer…

アセテック・ラ・プリマ・バンドル:テスト&レビュー

アセテック・ラ・プリマ・バンドル:テスト&レビュー

アセテック・ラ・プルマ・バンドルメリット 優れたビルド・クオリティ ベースのトルク12nm フォルテに採用されたテクノロジーをベースにしたロードセル・クランクセット デメリット 使いにくいブレーキペダル ペダルが垂直に近い位置...

アセテック・フォルテ・バンドル:テスト&レビュー

アセテック・フォルテ・バンドルメリット 卓越した製造品質 ソフトウェアによる完全な制御と管理 超侵入型フォース・フィードバック デメリット ステアリングホイールからのベース調整なし 長時間のシムレースで不快なクランクセット...

Moza FSR:テスト&レビュー

Moza FSR:テスト&レビュー

モザFSRメリット 4.3インチスクリーン カーボンファイバー仕上げ 多数の注文 デメリット 価格と重量がやや高い SimHubとの互換性はありません。...

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Pin It on Pinterest

FANATEC : La meilleure marque Sim Racing
This is default text for notification bar