ページを選択

Moza R9 : 試乗記 & レビュー

Sim Racer

Pilote e-sport & Passionné de Sim Racing, j’ai décidé de partager ma passion sur ce site web.

モザ R9

メリット

  • コストパフォーマンスが高い
  • 優れたビルド・クオリティ
  • 簡単で安定した組み立て
  • 最大トルク9nm
  • 没入型フォース・フィードバック

デメリット

  • 互換性はかなり限定的:PCのみ

評価:9.7/10

シムレーシングの周辺機器は、ここ数年で大きく進歩した。 ダイレクトドライブ それほど高くない。 以前は、このようなベースを手に入れるにはかなりの金額が必要だった。 しかし今日、400ユーロ以下で市場最高の1台が手に入る。

こうした製品の民主化は、シムレース市場のシェアを狙う新たな競争相手の出現も意味する。 わずか10年足らずの間に、次のようなブランドが誕生した。 シマジック, シムラボあるいは モザ・レーシングなどの大手シムレーサーと競合するようになった。 ファナテック, スラストマスターそして シミュキューブ. そうだな。 シムキューブは、革新性、技術、ノウハウの点で、ベストではないにせよ、依然として世界最高峰のひとつである。

といえば Mozaレーシング中国のメーカーは、シムレース周辺機器のかなり包括的な製品群を提供しており、特にある競合他社を狙っている: ファナテック. 今日は、そのミッドレンジ・ベースのひとつである R9.

 

ベースの主な特徴と技術的特徴

  • 最大トルク9nmのダイレクト・ドライブ・ベース
  • アルミニウム製
  • PCのみ対応
  • 最大舵角無制限
  • 240×157×124mmのコンパクトサイズ
  • 重量:6.8 kg

 

デザイン

だから R9は、モーザ・レーシングのもうひとつのベースモデルである R5. 非常にコンパクトで、アルミニウム製、黒一色、ロゴは白であちこちにある。 率直に言って、私に関する限りは成功であり、それはモーザ・レーシングがそのインスピレーションの多くを以下から得ていることを考えれば当然のことだ。 ファナテック CSL DD)。 この点はまったく気にならない。なぜなら、一流選手の作品をコピーするのであれば、それ以上ではないにせよ、彼らのようになりたいからだ。

ドライブシャフトはブラックで、他社よりも直径が大きく、自社製のQRが非常によく機能している。 全体的に、私は R9どんなセットアップにも完璧にマッチする。

モザ R9

カスタマイズされた組み立て

組み立て R9 は4つのネジ溝を使って下から取り付ける。 コックピットがある場合は、このベースをブラケットに直接取り付けて、その効果を最大限に引き出すことになる。 コックピットがない場合は R9 は、ベースの下側にねじ込むベースとクランプ・ブラケットを使用して、テーブルやデスクに取り付けることができます。

組み立て R9 シャーシの上でもテーブルの上でも、非常に簡単に作ることができ、特にコックピットを選べば、微動だにしない。 テーブルや机の場合は、ベースのトルクに耐えられる、かなり頑丈な家具を使うようにする。

 

製造と仕上げ

製造と仕上げのために、 モザ・レーシング は中途半端なことはせず、航空機グレードのアルミニウム合金を使ったベースを開発した。 私の知る限りでは、それは単に素晴らしく、非常によく構築されている。

仕上げは入念で、すべての部品がミリ単位の精度で組み合わされている。 外殻全体にバリや製造上の欠陥は見られなかった。 完璧としか言いようがない。このゲームで数年の経験しかない会社からすれば、感動的なことだ。

さらに R9 パッシブ冷却システムを採用し、キャビネット全体を一種の大型ラジエーターに変えている。 内部にファンがないため、余分な可動部がなくなり、故障の可能性が低くなる。 巧妙なデザインだ。

 

ベースを使いこなす

を手にしたとき、まず感じるのは R9 体重計に乗ると7キロ近くある! と実質的に同じクラスである。 電源ユニットを搭載したCSL DDファナテック ファナテック.

正直なところ、ベースをそれほど操作することはないだろう。箱から取り出して、セットアップに装着して終わりなのだから。 しかし、その操作は多かれ少なかれ簡単で、寸法に注意を払うだけでよい。 R9はかなり小さいからだ。

しかし、ファナテックと比較して優れていると感じるのは、ステアリングホイールとベースの接続だ。 少なくともR9と競合するドイツメーカーの製品では、ピンで物理的に接続されている。 そして、これらは気をつけないと簡単に破損してしまう。

R9すべてがワイヤレスで行われるため、安心して毎日使える。 だから、あまり深く考えずに、モザのステアリングホイールをそのままドライブシャフトに取り付ける。

モザ R9

プレー中の感覚

今こそ基本に立ち返る時だ。 R9 感覚として? この質問に対するシンプルな答えはこうだ。 R9 は、プレイするタイトルが何であれ、優れたゲーム体験を提供する。

フォースフィードバックに関しては、エンジン出力を落としても(最大トルク9nm)、非常にバランスが取れている。 通常、最高出力設定をいじり始めると、エンジンの弱点がはっきりと見えてくる。 しかし R9これはまったく違う。 同じ感覚を得ることができるが、希薄で、それほど強くなく、攻撃的でもない。

ベースは比較的小さいが、パワーはある。 トルクがピークに達すると、グリップの喪失から軌道の変化、バイブレーター、衝突に至るまで、シミュレーターの中のクルマが行うほぼすべてのことを感じることができる。 ほぼすべてと言ったのは、このベースが伝える感覚にはあちこちにブレがあるからだ。 確かにパワフルだが、8nmのCSL DDほど薄くはない。 ファナテック一方、Moza Racingは設立からまだ数年しか経っておらず、彼らのチームがシムレース界のビッグネームと完全に競い合うには、まだまだ長い道のりが必要だ。

私の意見では、以下のような優れたエンジンが土台にある。 R9あとは、ソフトを微調整してちょうどいい状態にするだけだ。 さらに、モーザ・レーシングの社内ソフトウェア(ピットハウス)があり、このベース上で様々な設定を行うことができる。

 

互換性

このセグメントのほぼすべての製品と同様に R9 は中国メーカーの製品にしか対応していない。 つまり、Moza Racingの世界に入り込もうと思ったら、同ブランドのシムレーシング製品、特にベースとステアリングホイールをすべて購入する必要がある。 ちなみに、これはFanatec、Logitech、Thrustmaster、Simucube、その他ほぼすべての企業が行っていることである。

プラットフォームに関しては R9モーザ・レーシングの全シリーズと同様、PCとのみ互換性がある。 特に、このブランドの主な競合他社(ファナテック)は、すべてのプラットフォーム(PCとコンソール)で動作する製品を提供しているだけに、本当に残念だ。

モザ R9

コストパフォーマンス

約480ユーロのMoza R9 この種の製品としては、非常にコストパフォーマンスが高い。 このベースモデルの大きなプラスは、同価格帯の主なライバルにはない9nmのトルクだ。

製造品質は素晴らしく、性能は一流で(細部の運転に関するいくつかの問題を除けば)、価格も魅力的だ。 CSL DD 率直に言ってR9の主なライバルである8nmの価格は、通常時でほぼ500ユーロ、特別価格で450ユーロだ。

 

私の評決

正直なところ、私はモーザでの時間をとても楽しんだ。 Moza R9運転する感覚、得られるフィードバック、シムレースセッションから得られる感覚など、どれをとっても素晴らしい経験だ。 このベースを薦めるか? 特に、あなたがPCのみのシムレーサーで、新しいエコシステムに踏み込むことを恐れないなら、その通りだ: モザ・レーシング はまだ数年の経験しかない。 MozaはプレイステーションとXbox用の互換製品を提供する予定だからだ。

モザレーシング R9 ダイレクトドライブ

モザ R9

コストパフォーマンスに優れた拠点

Notez cet article

Vous risquez également d’aimer…

Moza R5 : 試乗記 & レビュー

Moza R5 : 試乗記 & レビュー

モザ R5メリット ダイレクト・ドライブ・ベース開発 5.5 nm オール・アルミニウム製ハウジング コンパクトサイズ 素晴らしいドライビングフィール デメリット 工場出荷時の設定では少しぼやける...

Moza R16 : テスト&レビュー

Moza R16 : テスト&レビュー

モザ R16メリット 16nmのトルクを発生するダイレクト・ドライブ・エンジン フロント・マウント・オプション Moza Racingエコシステムとの優れた互換性 デメリット ほとんどない...

Moza R12 : テストとオピニオン

Moza R12 : テストとオピニオン

モザ R12メリット 優れたビルド・クオリティ 素晴らしいドライビングフィール 完全なソフトウェア 大径ホイールでより快適に デメリット PCのみ対応 ステアリングホイールからその場で調整することは不可能...

Moza R21 : テスト&レビュー

Moza R21 : テスト&レビュー

モザ21メリット 優れたビルド・クオリティ 最大トルク21nm パワフルでコミュニケーション能力の高いカムバック デメリット 完璧に機能させるには、いくつかの調整が必要...

シマジックM10:テスト&レビュー

シマジックM10:テスト&レビュー

シマジックM10メリット 10 nmトルク ダイレクト・ドライブ・ベース 優れたビルド・クオリティ プレミアム素材 デメリット デフォルトではフィードバックが速すぎる PCコンパチブルのみ...

スラストマスターTXサーボベース:テスト&レビュー

スラストマスターTXサーボベース:テスト&レビュー

スラストマスターTXサーボベースメリット コストパフォーマンスが高い かなり強力なベースモーター 適切な力加減 デメリット わずか900°の回転角度 かなり古い技術だが、メーカーがマスターしている かなりうるさいエンジン...

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Pin It on Pinterest

FANATEC : La meilleure marque Sim Racing
This is default text for notification bar